長生きに筋肉は重要。その為に必要なスポーツとは

近年日本では超高齢化社会の到来により、元気で健康なまま長生きをという考えが日常でも呟かれています。

それは、今まで自分で何でもしていた生活をこれからも続けられる状態で長生きを使用というものです。

これだけ聞くと別に何ということはないようにも思えるかもしれません。

ですが、その生活の為にはどうしても必要なのは筋肉量の低下を防ぐということです。

筋肉量は何もしなければどんどん落ちます。

しかし逆に適度な運動を続けることによってその低下を防いだり、新たに鍛えて浸けるということも出来ます。

それは日常的な行動からでもよいのですが、やはりスポーツもしてみたいと考える方もいらっしゃるようです。

それでは、長生きに必要な筋肉と効果的なスポーツについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

長生きをする上で有効とされるスポーツとは?

全てではないにしろ、スポーツをしていると若々しく荒れる気がするといったお年寄りも増えている傾向のある近年。

筋肉量の低下は生活の様々な場所で不良を招きますので、それ自体はとても良いことであるとも思います。

ですが、ここで注目したいのはそのスポーツによって動きが違うのですからその効果も違うということです。

その上で固化的とされるものがいくつか存在するということです。

例えば、激しい運動であるが為にあまり良くないと考えられてきたテニスですが、こちらは何も最高のプレイを続けようとか考えていなくても、全身まんべんなく動くことが出来るスポーツとされます。

ラケットを振る糖でもですが、意外なことに背筋も腹筋も使います。

ゆえに代謝が高くなっていき、実に効率的に心拍数をあげるということになります。

全身まんべんなくというとスイミングなどもよいとされていますし、エアロビクスなどもよいとされています。

ただし、ここで言われ始めたのが、ランニングやサッカーは脂肪率低下を考えると悪くはないとしてもあまり効果的な筋肉増加にはならないとも言われています。

とはいえ、ウォーキングなどの軽めの有酸素運動なら続けることも安易な為有効であることは間違いないようです。

スポーツな度を含め動かないと起きることとは?

スポーツや普段から動くといったことをしなくなった場合、人はどうなってしまうのでしょうか?

実に単純な話ですが、動かなくなると動くことが出来なくなってしまうのです。

そこから認知能力の低下が起きてしまい、「QOL(生活の質)」の低下が起きてしまうのです。

ふう上の生活を送るにしても体も硬くなってしまうので怪我などが増え老化も急激に進んでいきます。

そうなれば日々が面白くないので、生きる意欲そのものにも影響が出てしまうのです。

日常生活でもできる長生きに必要な筋肉の維持について

先程述べたスポーツに関しては有効的な効果が得られますが、もちろんそこまでは苦手とする方もいらっしゃるでしょう。

出はほかの方法で筋肉の維持について考えることも必要です。

陽は動くことにより筋肉の衰えを抑えることが重要なのです。

それは日常の様々な行動の中でもできることです。

例えばエスカレータやエレベータの使用を控えて階段にしてみたり、近場の移動は速足での徒歩にしてみたり。

危険がない限りは電車などでは座らないようにしてみたりするなど、日常の中でもできることはあるので試してみましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする