長生きの秘訣と睡眠の関係

長生きと睡眠には大きな関係があります。

日本人は勤勉だけれど、睡眠時間が短いと言われていますよね。

あなたは一体何時間寝ていますか?

長生きの秘訣としては、適切な睡眠時間を取るということが重要なのです。

ここでは、長生きの秘訣と睡眠についてお話しします。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

最適な睡眠時間は7時間

日本人の平均睡眠時間は6時間にも満たないと言われています。

しかし、長生きの秘訣としては7時間の睡眠時間が必要であると言われているのです。

体をしっかりと休め、ホルモンバランスを整えるためには、7時間未満の睡眠時間では到底足りません。

また、質の良い睡眠をとるために、寝る前には携帯やテレビを消し、部屋を徐々に薄暗くしていくということも大切です。

睡眠時間が短いという人は、より質の高い睡眠をとるように心がけましょう。

それにより、短い睡眠時間をカバーすることもできます。

寝過ぎもだめ

普段睡眠不足であるからといって、週末に寝溜めをするような生活もいけません。

例えば、平日4時間しか眠れないから休日は10時間眠るというようなサイクルでは、逆に体を壊してしまうのです。

また、人間は寝溜めはできませんから、毎日しっかりと睡眠時間を取る必要があります。

普段から睡眠不足になってしまうと、どうしても休日に寝過ぎてしまいますよね。

そのため、日常的に寝不足にならないような努力が必要です。

昼寝は30分以内

もしも昼寝ができるならば、昼寝で寝不足を補うこともできます。

仕事で忙しいのであれば、机につぶして目をつむるだけでも構いません。

完全に寝ているわけではなくても、目をつむることで身体を休めることは十分に可能です。

しかし、もしも昼寝ができる状態であるならば、昼寝は30分以内にとどめるようにしましょう。

あまりに寝すぎてしまうと、逆に夜、寝られなくなってしまう可能性があります。

夜眠れなくなってしまったら、さらに睡眠のサイクルが崩れてしまいます。

昼寝をする場合はあくまでも30分以内に留め、体の疲れを取るようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

長生きの秘訣は睡眠とも言われています。

適切な睡眠時間は人間の寿命を延ばしてくれますから、長生きしたいと思うのであれば、ぜひ適切な睡眠時間を確保するようにしましょう。

もちろん、日常的に仕事などが忙しかったらなかなか眠れないということもあるかもしれません。

ストレスをためず、しっかりと寝られるように、もしも寝る時間が短いのであれば質の高い睡眠が取れるように心がける必要があります。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする