元気で長生きするための秘訣とは

元気で長生きしている人を見かけることがありますよね。

痴呆症にかかることもなく、人生を謳歌している高齢者の方もたくさんいます。

元気で長生きするためにはどのような秘訣があるのでしょうか。

ここでは、ただ長生きするだけではなく、元気で長生きするための秘訣を紹介します。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

健康的な食事

元気で長生きするためには、何よりも栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

糖質を控え、炭水化物、たんぱく質、脂質の割合を整え、カロリーを摂取しすぎないようにしなければいけません。

また、野菜や果物を摂取することも大切です。

外食が多くなってしまうと、どうしても脂質や塩分が増えてしまうため、自炊をした方が良いでしょう。

また、食べる時間にも工夫が必要です。

夜遅くなってしまうと胃腸の働きが鈍ってしまいますから、早いうちに夕食を済ませることも大切です。

適度に運動をする

家から全く出ることがない、買い物に行くときには車で行くから全然歩くことがない、出先ではエスカレーターやエレベーターを使うから階段も歩かない、という状態に陥っていませんか?

運動はちゃんとしていますか?

万歩計をつけてみて、1日に数百歩しか歩いていないということがわかったら、完全な運動不足です。

体に支障があり、安静にしていなければいけない状態でないならば、ぜひ適度に運動するようにしましょう。

体を動かすことによって血流も良くなりますし、血流が良くなれば冷えが改善されますから、病気にかかる確率を下げることができます。

趣味を持つ

元気で長生きするためには、何よりもストレスを解消することが大切です。

ストレスを解消することこそが長生きの秘訣と言えるのです。

そのためには、自分の楽しみを見つけましょう。

趣味を持ち、人と会い、周りと関わりを持つことによって気持ちのゆとりを持つことができます。

趣味を持っていないとなれば家から出ることもなくなってしまうかもしれません。

外出する企画を作るためにも、ぜひ趣味を持ちましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

元気で長生きをする秘訣には上記の3点が挙げられます。

もちろん、長生きするだけならばそこまで気を使う必要はありませんが、長生きするならば痴呆症などにかからず、元気でいたいものですよね。

年をとっても体がしっかり動くように、若いうちから気をつけていかなければならないのです。

体力はなくなってしまうとなかなか取り戻せませんから、しっかりと筋力を付けておきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする