女性の長生きは孫の世話の為?

何の為に長生きをしているのだろうかと考える方、意外と多いのではないでしょうか?

幾ら医療技術が進歩して、身体的には健康で元気に動けていても、フッとした時に感じてしまうものだそうです。

ある女性も高齢期に差し掛かり、辛いと考え、高齢期を乗り越えてみれば何をするべきかと考えてしまったようです。

女性の場合は更年期障害が酷いことも、長生きの意味などについて「どうしてこんなに辛くて、この先何もないのに長生きなのだろう?」と考えてしまうことも多いようです。

しかし、実は女性の場合は長生きをするにあたって理由があったのです。

その理由である、女性の長生きの理由とは、実は孫の世話をする為であるということについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

女性の長生きは孫の世話をする為である

女性は50歳過ぎとなると生理も止まり、更年期障害などもあり辛い日々もあります。

骨密度の関係により、男性よりも衝撃に対してのリスクも増えてきますし、近年「健康で長生きを」という考えでも少し不安もあることでしょう。

しかし、女性はなぜか男性よりも寿命が長いのです。

一体どうしてでしょう?

実はこの話は2004年に判明していました。

女性が長生きをするのは孫の世話をする為であるとされていたのです。

「何故、孫の世話なの?」と思われるかもしれませんが、女性は先に述べた通り更年期からは生理が止まり、子孫を残して育てるということが出来ません。

ならどうするべきかというと、経験の浅い子供の育てる子供。

すなわち孫の世話をして育てるということが次の目的になっていくのです。

女性が長生きするのは「孫」の世話の為であるということについて

先程述べた話だけを聞くと「世話をする」ことが重要であることのように聞こえてしまうかもしれませんが、ポイントは「自分と血の繋がった孫」であることが重要なのです。

そもそもこの孫の世話というのは、自分の遺伝子を後世に無事残していくという行為であり、生存本能の1つでもあるのです。

だから、いくら可愛がっていてもペットなどを育てたりするといったことなどは含まれはしないのです。

認知症について

男性に多いように見える認知症ですが、それは男性の場合先程まで述べた理由からすることが見つかっていないからであるとされています。

そう、何もしないと認知症になるリスクが多いのです。

そして本来女性の方がその患者数は多いのです。

理由としては、女性の長生きの理由である孫の世話が近年の核家族化によってできない場合が増えているからです。

こればかりはどうしすることも出来ない時代の流れではあります。

ただそれでも女性の方が長生きで、近年はあまり認知症にならない場合があるのは形成できるコミュニティが増えてきており、女性はそういったお付き合いがとりわけ得意であるからでもあり、それを生かし元気で長生きをしていってください

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする