歯の健康は長生きの秘訣!虫歯菌は内臓にも影響あり

健康で長生きをとは今を生きる高齢者の方ならば誰しも思われることでしょう。

そしてその為に日々の生活習慣や食生活に気を配り、体に良いものを食べて、適度に運動をし、周囲とのコミニュケーションをとるなど様々な活動を行っている筈です。

そんな健康的な生活を心がける上でやはり基本は食事であると考える方は多く、その力の入れようはかなりのものとなっています。

ですが、そんな中で気にしたことはありませんか?

健康を支える食生活を送るには、その食べ物を食べるのに必要な歯が元気でなくてはならないということを。

もし虫歯にでもなってしまったら?

考えてみれば大事な事なのです。

しかも、虫歯になった場合は食生活への影響以上に体には大変なことが起きる可能性もあるのです。

それでは、歯の健康と虫歯が長生きにもたらす影響についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

歯と健康について

健康で長生きな生活というと、多くの人が丈夫な歯で美味しいものを食べ、周囲と楽しく過ごすといった元気のいい様子を思い浮かべられることでしょう。

実際、歯が丈夫な状態を保っていて食生活が充実している方か否かを比べると前者の方がはるかに健康なまま長生きであることが多いとされています。

どんなに体にいいものを口にしようとしても、取り入れること。

食べるための歯が虫歯であったり弱ってしたら、気分的にも味覚としてもいいものではないのです。

虫歯か寿命を縮める?

虫歯になるなどすれば食物をとることが困難になります。

これだけでもつらいものになりますが、その場合はそれだけでは済まないのです。

実は虫歯やその元となる歯垢などはいわば最近の塊です。

それらが口の中に常にあるとしたら当然飲み込み体内に入り込んでしまいます。

その場合、通常ならば胃で死滅しますが高齢になると期間などに入ることも増え、肺炎などを発症する恐れが出ます。

それ以外にも虫歯や歯周病などの細菌が歯茎から血管に入った場合は全身を巡り、動脈硬化や心臓血管疾患に肥満や糖尿病などに影響するとも言われています。

この様に歯の異常は長生きする上では注意が必要であるとされているのです。

歯の健康を保つための対策と注意すべきこと

虫歯や歯周病は恐ろしいもので、時に命にかかわる可能性もあります。

ただ、重要ではありますが同時に対策も存在します。

虫歯や歯周病の影響は非常に重大ではありますが、それは歯ブラシを少し性能のいいものにしてみたり、歯磨き粉を変更やデンタルフロスを使用するなどするとかなり変わるようです。

その他注意するとしたら、口臭や歯茎の出血など内科を鏡でしっかり確認して対応していくとよいとされています。

この様に日々のケアを行っていくことで、健康的な生活を維持していきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする