長生きする人の特徴と健康法とは?

超高齢化社会に突入した現在日本では多くの高齢者の方々がいらっしゃいます。

そして、高齢者の方々は「元気で長生き」でありたいと思っています。

その実、非常に高齢者の方々の多くは元気な方が多いと思いますが、やはりそこには様々な健康法や長生きをする人にも特徴の様なものがあるように思えます。

一見同じように生活している長生きをしていらっしゃる高齢者の方々のその健康法とは何なのでしょうか?

それでは、長生きをする人の特徴と健康法についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

「元気で」長生きをする人の生活の特徴

医療技術も制度も充実してきたことから元気で長生きをする高齢者の方は増えています。

ただ、それらのことがあるからというだけで長生きになるという訳でもないようです。

「元気で」長生きをしている人にはいくつかの特徴があるのです。

昔から良いとされる習慣などを堅実に生きながら、他の人々と交流し、感謝して笑顔の絶えない人の方が同じ長く生きる人よりも「元気である」とされるのです。

こうして精いっぱい前向きに楽しんでいる高齢者の方はストレスもたまりにくい為、自律神経絵の影響も低く、免疫力への影響もあるのではなのでしょうか?

こういった環境を作り続けていける習慣の維持できるということも元気で長生きしている人の特徴なのではないでしょうか?

長生きの為の健康法(食べ物について)

老化を抑えるのには抗酸化物質の摂取が良いとされます。

この場合「ビタミンE・ビタミンC・コエンザイムQ10」などが挙げられており、これらを日々補うには食事は非常に重要なものとなります。

その多くが野菜から摂取が可能とされますが、やはりバランスは重要とされ、魚なども必要となります。

野菜を中心としていても定期的に肉や魚などの動物性タンパクの摂取も欠かす事は出来ません。

有名な話では野菜ではブロッコリーは発がん物質を抑えるのに効果的な物質が多かったとされます。

その他にも赤ワインにはアンチエイジングにも良いとされるポリフェノールが多く含まれているとさえており、油の多いものばかり食べている割に元気なままを保つ人もいたといいます。

長生きをする人の特徴は運動をすること?

バランスよく、同時に元気で長生きするのによいとされる食品をとるのは非常に重要なことですが、それだけでは長生きの為に良い健康法とはいいがたいようです。

健康法は食事以外にも適度な運動なども含まれるからです。

体の中にある長寿遺伝子の活性化のために必要なのは食事と同じくらい定期的に行われる適度な運動が必要であるといわれています。

勿論、頻度に関しては個人個人に合わせて継続的に行うことが好ましいとされた場合は合う方法であることも重要です。

筋肉量の低下は体の維持の多くに影響を与えますし、運動をすることによって脳へもよい刺激になります。

これらをバランスよく行い日々を生きることが重要なことなのです。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする