長生きと生活習慣について

元気で長生きをしたいと近年到来している超高齢化社会に生きる高齢者の方々は誰もが考えています。

それこそ、まだその年齢に達していない年齢層の人までもがそう考える世の中になってきているようなのです。

一体何が起きているのでしょうか?

その背景には生活習慣病の発症状態などが関係しているようです。

それでは、長生きする為に知っておきたい生活習慣病についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

長生きの大敵。生活習慣病とは?

生活習慣病とは、かつては成人病と呼ばれていた病気の総称の現在の呼び名です。

出来たのは昭和30年代初頭の当時厚生省が発した言葉でした。

ですが、徐々にファストフードなどが入ってきたこともあり発症年齢層も低くなったことから生活習慣病と呼ばれるようになりました。

この生活習慣病はのちの老後にも大きく影響する疾患が多く、現代の長生きな高齢者の方々の健康を脅かすものともなっています。

一体どのような病気を生活習慣病というのかといいますと「糖尿病・高血圧・高脂血症・肝障害・心臓に脳のといった場所の血管障害・骨粗鬆症・ガン」と言ったものが主となっています。

生活習慣病の原因とその背景

先に述べた病気を生活習慣病と呼び、背活習慣病とはそのどれもが日々の生活での過ごし方からくる病気であるとされています。

発症原因の背景については近年の外国式の文化や食事に切り替えた際に、限度を超えがちに取り入れてしまったことにあるようです。

原因としては「食習慣・運動部億・休息の不足・飲酒・喫煙」といった生活の中にあるものや遺伝的な物もありますが、依然は30代から40代に意識し始めて、急増がみられていたものが、近年ではさらに若い世代にも影響が出ているとされています。

年齢の増加による衰えである場合がほどんどでしたが、若年層の発症の場合は日本食離れが起きており、魚に野菜。

大豆食品や海藻などを取らなくなってきてしまったことや、交通機関の発達に車社会の影響。

電化製品の普及から常時運動不足になっている事などが原因とされています。

しかも、現代社会人は常にストレスを抱えていることも原因とされています。

生活習慣病とうまく付き合い長生きする為に必要なこと

将来を元気で長生きする為には、若いうちから体を整えておくことが非常に大事なこととなります。

そもそも生活習慣病はその生活を規則正しく整えることでほとんどの場合は防ぐことも可能なものが多いのです。

重要なのは「食事・運動・休養」をバランスよくしっかり、適切に行うということです。

食事は塩分と砂糖の量にタンパク質は植物性の物を多めにして、規則正しく摂り、運動は日々のほんの少しの動作で補えるように心がけましょう。

この場合は「有酸素運動」が有効ですので、少しでも歩いたり階段を使用したりといったことを心がけましょう。

最後に休養しっかり質の良い睡眠をとることで得ていきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする