長生きには適度な空腹が必要な理由

長生きをする為には、バランスの取れた食生活が必要府かけてであるというのは誰もが知るところですが、実は別の要因もあるのです。

きちんと食事をとる様にという反面、生き物の体には長生きする為の遺伝子があり、それらに働きかけるということも重要になるのです。

その為に必要なのは「空腹」です。

しっかり食事をバランスよく摂るよう言いつつも何故「空腹」が遺伝子レベルでの長生き効果になるのでしょうか?

それでは、長生きには適度な空腹状態を作り出すことについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

空腹であることがアンチエイジング効果を呼ぶ

昔から断食という文化は各地にいくつも存在しています。

食事を立つことを言うこの断食の時は、もちろん空腹状態になります。

そして、実はこの断食は短期間である場合はアンチエイジング効果があるという事なのです。

一度体の中を空にして、血を綺麗にし、便秘解消などの為に整える器官として設ける器官とするのです。

しかもこの断食の間。

すなわち空腹時には老化防止効果が遺伝子レベルでおきているのです。

長生きの為の空腹の仕組み(サーチュイン遺伝子)

人を長生きさせるのに有効とされているとされている遺伝子に「サーチュイン遺伝子」というものがあります。

「延命遺伝子・長寿遺伝子」といった別名でも呼ばれている遺伝子で老化防止効果をもたらすとされます。

ただし、この遺伝子は普段は眠ったままで効果がまるでないとされている為、起こす必要があるのです。

そのスイッチとなるのが「空腹」の状態なのです。

仕組みで代表的な働きとしてはこのサーチュイン遺伝子が活発であった場合、ミトコンドリアにタンパクの凝縮したものが細胞内の老廃物排除を請け負う器官を働かせる為、細胞自体が若々しくなるというものです。

長生きの為の空腹と合わせておきたい栄養の取り方

この空腹状態にしてサーチュイン遺伝子を起こすという方法は、1日2日ほどの短い断食が良いとされていますが、ただ断食して空腹になっていればいいという訳ではありません。

この断食で空腹の期間以外は、やはりバランスの良い食生活を送る必要があります。

そこで注意するべきはカロリーを抑えるということです。

勿論食べ物を食べればカロリーは摂取して当然ですが、これを抑えられるかどうかによってその後の体調まで変わってきます。

「ビタミン・ミネラル・酵素」といった栄養素は特にしっかりとっておきたいものです。

こういった時には、サプリメントなどの併用をするとよいとされています。

合う合わないなどがある為、しっかり調べたうえで、バランスよく栄養を摂取していき、元気で長生きな人生を送っていきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする