長生きな地域は何が違うのかについて

長生きは普段の生活からという考えはだれしも持っている考えです。

しかしながら、何故だか地域によってはとにかく長生きな方が多い場所というのが存在するのも確かです。

勿論過ごしやすい地域であるがゆえに長生きである場合や他にも条件は様々のようにも思えますが、長生きな人が多いとされる地域にはやはりそれに見合う習慣などが存在しているものです。

それでは、他とは違う、長生きな人が多い地域についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

長生きな人が多いとされる地域について(日本)

長生きな人の多い地域とは世界各地に存在しています。

日本であれば沖縄県は元気な高齢者の方が多く、長生きであるとされています。

その秘訣となるのはサツマイモが主食であり、その効果は血液中の脂肪低下をさせて炎症なども和らげる効果がある「カリウム・ビタミンC・繊維」と言ったものを多く含んでおりそれらがを多くとるということが理由となっています。

しかも土地柄なのか隣人など周囲の人のサポートが受けやすいというのもあるでしょう。

そのせいなのか心臓病などの病気にもかかりにくい上、うつ病の発症率も低いそうです。

長生きな人が多いとされる海外地域について

外国に目を向けてみるとイタリアではサルデーニャ島やコスタリカ共和国のニコヤ半島などもあります。

サルデーニャ島では長生きの秘訣として1日2杯はワインを飲むというのがあり、効果としては心臓病のリスクを低くしているとされます。

しかもこの島のワインには「フラボノイド」という物質が多く含まれているのでさらに効果的だそうです。

同時にこの島には「定年退職」がない為元気であればいくつになっても働くことが出来るそうです。

ニコヤ半島では生活そのものが非常にシンプルな生活とされておりストレスがたまりにくくなっているそうです。

自給自足の生活であることも高齢者がよく体を動かすのでよいとされています。

ギリシャではイカリア島という場所があり、その食生活は野菜中心とされている為、脳の血流促進などの効果があるといわれており、感情の調整にも一役買っているそうです。

うつ病の発症率も低く、習慣的に昼寝をしていることもよいそうです。

これらが心臓病の脂肪率を低下させているとされます。

長生きな人が多いとされる地域の特徴について

長生きな人が多いとされる地域はすべてではないにしろその多くが島であるなど地域の目が行きやすい場所であるように思えます。

ゆえに独特の文化や習慣があり、周囲に目が行きやすいということもあり人との結びつきも深いがゆえに孤独などを感じることもないようです。

やはり人とのかかわりが多い方が長生きにはよいということとされます。

都心部などでも高齢者の方々の交流の為の催しが多いのはそういったことからなのではないでしょうか?

同時に、口にする者にも注意し、出来るだけストレスを溜めることなく前向きに考えていくことが元気で長生きをする上で大切なことであるとされるのです。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする