長生きするために肉を食べるべきか?

長生きする秘訣は肉にあるとも言われていますよね。

しかし、実は「長生きをしたかったら肉を食べるな」という考えもありますし、「長生きの秘訣は肉を食べること」という考え方もあるのです。

もともと健康をめぐるテーマには、様々な見解があります。

ある年は体に良いと言われたものが、翌年にはいきなり体に害をもたらすものに変わってしまうということもありますよね。

ここでは、肉を食べることに関する賛否両論の両方を確認し、長生きの秘訣との関連を紹介します。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

肉を食べるな、という考え方

日本人は昔から農耕民族です。

そのため、欧米人に比べて腸が長く、肉の消化には時間がかかると言われています。

そのため健康的ではないという指摘があるのです。

肉が腸の中に残って腐敗することで様々な毒素が発生し、血液が汚染されてしまうという指摘がなされています。

また、血液が汚染されてしまえば内臓の機能が動かなくなり、そこから病気を招いてしまうという考え方があるのです。

そのため、肉を食べるべきではないという考え方の人は、卵や牛乳などの動物性タンパク質も良くないと考えることが多いです。

肉を食べろ、という考え方

肉の中には、うつ病や自殺願望を予防するセロトニン、コレステロールの酸化を抑えるカルノシンなど、肉によって摂取できる様々な栄養素があります。

これらをきちんと摂取しなければ、人間は心身ともに健康的な生活ができません。

確かに今はサプリなど、様々な摂取方法がありますが、やはり取れるものならば食材から摂取していきたいですよね。

もちろん、肉ばかり食べていてはいけません。

確かに野菜などもしっかりと食べなければいけませんし、肉ばかりではなく魚を食べる必要もあります。

しかし、悪を避ける必要はないという考え方も確かに存在するのです。

どっちを取るかは自分自身

このように聞くと、肉を食べるべきではないのか食べた方が良いのか全くわからないと思う人もいるかもしれません。

どちらにもそれなりに賛成派がいますし、どちらの見解も一理あるのです。

つまり、どちらを信じるかは自分次第です。

肉が好きなのであれば、肉を全く摂取しないという生活はストレスが溜まりますよね。

ストレスが溜まってしまったらそもそも健康的ではありませんし、長生きにはほど遠くなってしまいます。

まとめ

いかがでしょうか。

肉をどうするかという事は結局は自分で決めることです。

ストレスのたまらないように、食生活を整えていきましょう。

しかし、何においても摂取しすぎは体に毒です。

確かに摂取しないということにも問題がありますが、摂取しすぎても体に良い事はありません。

適量を守り、栄養バランスを考えた食生活をしていきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする