長生きしたい人の食事の栄養バランスとは

長生きをするためには、食事に気をつける必要があります。

好きなものを好きなだけ食べて長生きをするという事はなかなかできません。

しかし、そんな事は漠然とわかっていても、実際にどのような食事をとり、どのような栄養バランスに気をつけたら良いのかという事はよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、長生きをするための食事と栄養バランスについて紹介します。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

カロリーの摂取に注意

まず、長生きの食事を心がけるのであれば、カロリーの摂取に気をつけましょう。

油っぽい物等を控え、とにかくカロリーを摂りすぎないことが大切です。

カロリーの適切な摂取量は年代によって違いますが、自分はたいしてカロリーを摂取していないと思っていても、実際は思っているよりも多くのカロリーをとっているものです。

そのため、食事をするときには腹八分目を心がけ、食べ過ぎないということが大切です。

また、もしも食べ過ぎてしまった場合はその次の食事や翌日の食事で栄養バランスを調整しましょう。

栄養バランスの良い食事とは

栄養バランスの良い食事とは、炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスが取れたものです。

野菜と果物をしっかり摂取すると、生活習慣病にかかる可能性を下げることができます。

ただし果物には果糖が含まれていますから、果物を野菜の代わりに食べるという事はいただけません。

また、野菜を食べるときには生ではなく火を通すなどの工夫をした方が、しっかりと栄養を取ることができます。

野菜ジュースなども良いですが、ジュースはカロリーが上がってしまいますので気をつけなければなりません。

運動をする

食事だけに気を配っていても意味はありません。

長生きをしたいと思うのであれば、しっかりと運動するようにしましょう。

今では科学技術が発達しましたから、例えば階段の代わりにエスカレーターを使ったり、エレベーターを使ったり、歩いて買い物に行く代わりに車を使ったりと、運動する機会が少なくなりましたね。

もしかしたら、万歩計をつけてみると1日に1,000歩も歩いていなかったということもあるのではないでしょうか。

運動は常に心がけましょう。

少し歩くだけでも効果があります。

まとめ

いかがでしょうか。

長生きをするためには、栄養バランスの整った食事を考えなければなりませんが、それだけではなくて運動も大切です。

確かに栄養バランスの整った食事は大切ですが、それだけでは健康的とは言えないのです。

しかし、カロリーの摂取を考えて糖質・脂質の摂取を控え、健康的な食事を目指す事は非常に大切です。

肥満に気をつけて、食事をとっていきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする