高齢者の長生きに必要なのは肉?必要な栄養素を含む肉とは?

高齢者と呼ばれる方が近年その人口の多くを占めてきたことに寄り、健康で長生きという考え方が社会の様々な場面で見られるようになりました。

そんな中1番の注目を集めることと言えばやはり食事ではないでしょうか?

生きる為にはまず食べなければ、丈夫な体作りも出来ませんし、それ以前に生きていけません。

そして、食事は生活習慣の多くの要因を左右することから、高齢者の方も周りの方も特に気にしていることの1つでしょう。

そこから考えられ生まれたのは「野菜中心で、肉を控えよう」という考えです。

そうして元気で長生きをと誰もが低カロリーで脂分を抑えた食事を用意します。

ですがその考えの裏に、実は信じられない「栄養の不足」が潜んでいるのです。

それでは、高齢者の長生きとお肉のある食事についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

タンパク質の種類と有用性

お肉と言ったら油などを多く含み高タンパクである為に高齢者の方の胃には負担がかかるので避けるべきというイメージや実際の話も多く存在します。

しかし、実はそこから必要な栄養分の不足が発生していることがあるとされます。

どんな食べ物も年齢性別関係なく適量外は体に悪いのです。

そして、必ずしもお肉が高齢者の方の長生きを阻むということはなく、むしろお肉からしか取れない必要な栄養も多く存在しているのです。

代表をあげると、アミノ酸などは体内では作れないのでどうしても食物からの摂取が必要となります。

同時に一口にタンパク質と言っても大きく2つに分けられており、その有用性や必要性なども違ってくるのです。

植物性タンパクはより良質のタンパク質とされており、大豆製品である味噌に豆腐と言ったものを考えられるでしょう。

これらは人間の持久力を養い脂肪も付きにくいとされ健康的なダイエットに良いとされています。

動物性タンパクは肉に魚に牛乳や卵といった動物から得られるもので、こちらに必須アミノ酸が含まれます。

こちらは人間の瞬発力が養える栄養素で、老後衰えていく筋肉を作り出すのに必要となり、健康で長生きをという現代社会にはむしろ適量ならば高齢者の方々はこちらをとることがよいと考えられているようです。

野菜の方がいいにも注意が必要

お肉を減らしたうえで、野菜を摂る事を勧められることが多いとされる高齢者の方の献立ですが、確かに野菜は必要不可欠であり体にも良いでしょう。

ただしここで注意が必要です。

野菜を摂るにしても「生野菜のみの献立」は逆に吸収の際に胃に負担がかかってしまうのです。

加熱した野菜は確かに本来の栄養素に崩れが出てしまいますが、一部ではスープなどで食べると吸収されやすい状態へと変わるのです。

この場合は、野菜によっては過熱するとより良い食事となるのです。

体に必要な肉の食べ方

長生きには肉より野菜をという考えは半分は正解であり、半分はグレーに若干近い不正解となります。

元気で長生きの為にはバランスの良い食生活に規則正しい生活習慣と、運動がよいとされていますが、先程も述べた通り高齢者の方の健康に重要な役割を果たすのは筋肉量が非常に重要です。

その元であるお肉を取り、運動をするというサイクルが最も元気でいられるのです。

ただ食べればいいというものではありませんが、お肉に野菜にをバランスよく食べることが食生活においては非常に重要な事となるのです。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする