長生きとプロテインについて

皆さん、「プロテイン」と聞くと一体何を連想されますか?

ムキムキのボディービルダーさんや、スポーツ選手がその体を作る為の食べ物ですか?

ダイエットに使用するための補助食品ですか?

それも一般的には間違っていませんが、実はそういったこととは全くかかわりのない高齢者の方々にも、このプロテインの存在は登場します。

しかも、元気で長生きをする為に必要なものとしてです。

では、長生きとプロテインの関係についてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

一般にいうプロテインとは?

さて、冒頭でお話した通り、プロテインというと筋肉を作ったりダイエットのために使用する補助食品と言った印象が多いはずです。

その意味は「タンパク質」を指します。

「タンパク質」は「免疫力向上・貧血の予防・脳血管障害予防・高血圧の予防・美肌効果」と言った効果や骨を丈夫にするので人体において必要不可欠とされています。

体に影響を及ぼすホルモンなどもこのタンパク質をもととして調整がなされます。

その為の補助食品がプロテインであるというのが多くの場合の認識とされているようです。

元気で長生きする為のプロテインはお肉?

元気で長生きするためには野菜を多くとり、お肉を抑えようという考えが非常に多く残っているようですが、ここで登場するのがプロテインの考えです。

そう、長生きのために必要であると話題になっているプロテインとはお肉のことを指しているのです。

お肉には体内で生成することのできない「アミノ酸」が含まれており、同時にそのタンパク質は筋肉を作り保つのに必要な栄養素となります。

効果としては筋肉に関する者だけでなく、欠陥の強度をあげたり、免疫力をあげたりするなど多岐にわたるとされています。

特に元気で長生きする上で一番の問題が筋肉量の低下からくる筋力低下です。

高齢者の方も運動をしてそれを防ごうといわれてはいますが、同時にその元となるタンパク質を取らなければ効果はないのです。

そもそも、この食べモノのあふれた現代で、高齢者は野菜中心で肉を控えるようにと献立を立てることになります。

ですが実は、この流れは低栄養状態を招いていることが多いのです。

その不足している栄養の多くがタンパク質でありお肉なのです。

同時に精神衛生上から見てもお肉を控えることがストレスとなり、体調不良になることもあるほどですので非常に重要であることと、不足しすぎると「心筋梗塞」や肺関連の病気にもかかりやすくなってしまうのです。

それらの予防のために必要なプロテインというのがタンパク質なのです。

体の中で活躍するプロテインとは?

アンチエイジングとは若さを保つことと世間では言われています。

そしてここでもプロテインが登場します。

その名も「ヒートショックプロテイン」です。

こらは体内で増えていくタイプのプロテインであり、その増やし方は体温を上昇させることです。

大体「3℃~5℃」の上昇で増えるといわれています。

半身浴などを行うと効率が良いとされます。

このプロテインが増えると、日々体が受けるストレスから受けた細胞の傷の修復が起きます。

同時に傷を受けすぎてしまった細胞を消したりするという効果があり、新陳代謝促進効果には必要不可欠とされるのです。

ただし、体温上昇の為として運動をしすぎたりすることは逆にプロテイン減少を招きますので注意しましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする