世界が認めた玄米納豆などの和食文化は健康に長生きする為に重要な食生活

「健康で長生き」をと考えるのは、今の日本が超高齢化社会を迎えているからというのもありますが、将来的に見たらどの世代にも必要とされる為、更に声高に叫ばれているようです。

いきなりですが、普段の食生活は和食でしょうか?

玄米や納豆といった近年だと苦手とする方もちらほらしてはいますが、こういった食品が出てくるものを和食中心の食生活と考えられているようです。

そしてこれは昔からあったものであり、「健康で長生き」な人生にも重要な食生活の内容となっています。

それこそ世界すらもこの納豆や玄米といった和食中心の食生活へは一定以上の目が集まっているようです。

それでは、玄米や納豆などの和食中心の食生活と健康で長生きをすることについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

和食文化とは?

何をもって和食とするかといわれると説明には困る方も多いものですが、特徴としてはお米を主食とした一汁三菜という考え方のあるものをそう言います。

それこそ2000年以上前から続く文化ですから、その内容も種類も多いとされます。

そんな中、お米は炭水化物ですから糖質が高く出ることもあるのでそれを抑えるために玄米などを混ぜるという方法が取られることもあるようです。

健康にいい食事

健康で長生きな生活の為に基本となるのはまず食事です。

そんな中で目を向けられるのはその内容のバランスです。

いくら体に良いとされていても大量に取ればいい問うものでもありません。

多すぎれば摂取過多となり別の場所で影響が出ます。

そんなときの糖質制限の1つであり必要栄養素を補う為として用いられるのが玄米です。

これらは雑穀としてお米に加えられることとなるのですがその栄養素が「ビタミン・ミネラル・食物繊維」を含むという優れものです。

しかも、ここに畑の肉とも言われる大豆の発酵製品である納豆が加わればさらに栄養価が上がることとなります。

納豆は血液をサラサラにするなどの効果もあるのです。

年齢を重ねて消化能力が落ちている高齢者の方の中にはそのまま栄養が血中に入り、ドロドロになってしまうということもあるようです。

しかも腸内環境も整うのでなおよい食材です。

日本食は食べ方も重要

長生きをするにはバランスよく食べるべきと分かっていても、そう上手くいかないことも多々あるようです。

そこで和食のお膳の上を見てみると一汁三菜である場合、小鉢を用いることも多いとされます。

すなわちこの配膳そのものが腹八分目で尚且つ摂りすぎ等を防ぐ効果があるのです。

しかも日本は四季がはっきりしており旬の時期の一番栄養の高いものを口にする文化でもある為、更に健康で長生きな食生活を送ることが出来るとされているのです。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする