長生きするための食生活とは?朝ごはんの重要性について

「朝ごはんはしっかり食べるように」とは昔からよく言われていることです。

そしてこれを、これから動く朝の食事なのだから食べなければといった風に考えてしまっていますが、こちらは長生きにも非常に重要な物でもあるのです。

規則正しい生活とバランスの良い食生活が長生きには重要なこととされておりまさにこれのことを言うのです。

しかし、朝ごはんを取らないと具体的に何が良くないのでしょうか?

そして、どのように長生きか否かに関係してくるのでしょうか?

それでは、長生きする為に重要とされている朝ごはんについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

食事はインスリンの急上昇が無いようにするべき

元気で長生きする為には体へ無理な負担がかかることにも注意が必要です。

ここで食事というのは体を補い支える原動力故に必要であるというのが大まかな考えではありますが、同時にその取り方を間違えるとかえって内臓に負担を強いる結果となるのです。

この食事で負担をかけない為に注意するべきなのはインスリンについてです。

食事をとるとそこで得たブドウ糖を取り込む為にインスリンが分泌されます。

するのは膵臓でβ細胞と呼ばれる細胞が働いています。

そして、急激なインスリン分泌を強いる食生活を続けているとこのβ細胞は弱り、糖尿病の様に動きが悪くなって必要な分泌がなされなくなってしまうのです。

こうなってしまうと高血糖になり、活性酸素の大量発生が起きてしまう為血管が傷を負う為動脈硬化が進んでしまいます。

結果、心筋梗塞や脳梗塞になってしまうのです。

それを防ぐのによい食生活として重要なのが朝ごはんをしっかりと食べることなのです。

長生きには朝ごはんが重要

一般で言われる元気で長生きとされる人は規則正しい生活と食生活を実践している方が多くいます。

その食生活というのが朝ごはんをきちんとるということです。

この場合は夕ごはんは少なくても大丈夫です。

むしろ夜はあまり食べなくても腹八分目くらいがちょうどよいとされます。

何故なら、これから動く朝ごはんと違い、夜は眠るだけなので体を動かすこともないのです。

この状況で多く食べても消費されませんしかえって意にも負担がかかり眠ることにも影響を及ぼすのです。

日中をしっかり動くには夜の休息と朝ごはんでの栄養補給のバランスが重要なのです。

朝ごはんを食べない場合

長生きと朝ごはんと考えなくとも、朝食事をとらない場合は摂る場合より体に良くないというのは当然とされています。

何がどう良くないかというと、朝ごはんをとらないままでいた場合は前の日の夜から空腹が続いてしまうのです。

こんな状態で昼食を取ってしまった場合、血中の塔が急激に増加することとなります。

勿論、それに見合った分のインスリンも消費されますから、膵臓への負担も非常に大きくなるのです。

それらを踏まえて食事をとっていきましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする