長生きに最適?野菜スープと味噌汁について

毎日の食事こそが近年到来した超高齢化社会においてあげられる「元気で長生き」という生き方に大きく影響してきます。

唐突な気もするかもしれませんが、何を食べない方がいいと考えるよりも、毎日どんなものをどれだけ食べたらいいのかということを考え方にも通ずるものがある食べ物について先日知ったものと以前から考えられていたものがあり、その効果がまさに「元気で長生き」という言葉の通りだということから紹介しようと思います。

それが以前より体に良いとされていた味噌汁と、最近知られ始めたハーバード式野菜スープです。

2つとも聞く殻に体によさそうか何時もしますが効果も確かなものなのです。

それでは、長生きにいいとされる味噌汁と野菜スープについてお話していきます。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

味噌汁と長生きにいいことについて

昔から体にもいいと考えられている味噌汁ですが、同時に塩分が気になるという考え方もあります。

減塩が良いとされている中では確かにこれは不安要素でしかないかもしれません。

ですが、この問題においては味噌汁の塩分は通常期にされている精製塩から摂取するものと違い、「マグネシウム・カリウム・カルシウム」といったミネラルの豊富な塩分とされており、血圧などへの作用は違っているのです。

勿論味噌汁を飲んでから味の濃いものも食べていては体に悪いかもしれませんが、1日1杯の味噌汁というのが高血圧予防と心不全のリスク低減の作用があるのです。

長生きにつながる最高の野菜スープについて

さて、野菜は生よりある程度火を通した方が食べやすく、スープにすることで栄養が溶け出しはするものの体への吸収はよくなる食べ物です。

そしてこの度注目されたのが「ハーバード式長生きスープ」です。

こちらはネットでも非常に注目された野菜スープですが、何がすごいのかというとその作り方は驚くほど簡単な、まさにシンプルイズベストを表したようなスープでありながら効果が大きく出ることです。

朝と夜に1杯ずつ飲むことを基準に考えてもその効果は「抗酸化作用ありのアンチエイジング」や「免疫力上昇から生活習慣病予防」。

「血液をサラサラにして動脈硬化予防と美肌効果」に「便秘解消からくるダイエット効果」。

その他にも「がん予防・血糖値に安定効果・高血圧予防」など様々な効果が見受けられるのです。

味噌汁と野菜スープは結局長生きにつながるのか?

これら味噌汁や野菜スープは入っているものがとにかく体にいい事は見た目からも分かると思いますが、効果を発揮するにはやはり毎日、継続して食べることが大切です。

もちろんこれらを口にしながら適度な運動と規則正しい生活も大事ですので、バランスよくこなして、何時までも元気で長生きを目指しましょう。

スポンサーリンク
nagaiki-hiketsuレクタングル大

nagaiki-hiketsuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする